小さなショルダーバッグ

  • 2017.07.10 Monday
  • 18:29

手持ちの皮革でお財布とスマホが入るくらいのコンパクトな

ショルダーバッグを作りました。

ダークチョコみたいな色の皮革です。

choko.bag.gif

ショルダーベルトは前回作った毎日使いのショルダーバッグと

兼用です。ファスナーや金具も手持ちの物なのですが、

choko.bag2.gif

(画像はサイドから見たところ。)

バッグの口のファスナーの留めに使っている皮革に

イニシャルのカシメを。

このカシメ、ごく最近浅草橋のMKプラスさんで買いました。

他にもネコやライオンのカシメも買いました。

 

エブリディバッグ

  • 2017.07.01 Saturday
  • 13:07

自分用、毎日使いのショルダーバッグを作りました。

普段、自転車に乗って買い物に行く時のバッグです。

eve1.jpg

皮革は角田商店さんで3000円、かなり大きめでした。

太いファスナー、オカダヤさん。20cmのを前面に。

バッグ口のは40cm、お店で短くしてもらおうとしましたが

短く出来ないそうなのでそのまま、だらっと長くしたまま。

eve2.jpgこちらは背面、切り込みポケット付き。

有料の駐輪場のチケットを入れたり。

ショルダーベルトも手作りしてます。

大きな皮革なので、共のショルダーベルトも

裁断はしてますが…普段使いを考えると

これでも良いか…。

 

表の皮革はそのままですが、残りの皮革を

今回初めて、皮漉きに出しました。

浅草橋の「アンドレザー」全面漉きでどんな

大きさでも500円。バッグ手作り仲間から

情報を仕入れました。

皮革の縫いは布などと違い、ワッペンスライサー

を裏に貼ったり、柔らかくはないので、縫う場所

によっては上手に縫えなかったりします。

 

 

eve.3.jpgバッグの口、ここのぐるっと周り

を縫うのが一番の難所、

しかも目立つ場所です。

ここまで集中力が続かず、

位置合わせいい加減

でした(汗)。

なんでもそうですが、3つ目

くらい作るとそれなりに良いのが

作れます。

洋服用の布より段差は

きついですから、縫い目が飛んだりしました、2箇所。

いつもそうですが、次はうまく!と思うと

同時にめげて既製品買ったらとも思います。

でもこの内側自分仕様に普段の持ち物がうまく

入る仕組みになっていたりします。大きさも折りたたみ傘も入る丁度良い大きさなんです。
 

二つのトートバッグ

  • 2017.05.06 Saturday
  • 16:33

去年からトートバッグを作ろうと思っていた帆布で、バッグやっと完成しました。

前面ポケットにミシン刺繍、銀河工房の8号帆布。

写真の色がうまく出てなくて(特に下のバッグ)

がっかりです。

 

裏付きにしました。


 

トラベルトート

  • 2017.03.12 Sunday
  • 18:05

 「家庭用ミシンで作る帆布のバッグ」(本)からトラベルトートバッグを

作りました。出来てみると結構大きいです。

本では10号帆布ですが本体部分は8号帆布で作っています。

切り替えの下の部分の布は茶色でクルールさんの布です。持ち手は市販の

テープを使いました。袋口の巾着がミソですね。

最近は厚手の物はジャノメの職業用+マジックカケ、普通地は

JUKIシュプールで縫っています。

 

 

長財布と手帳カバー

  • 2017.01.19 Thursday
  • 21:56

皮革のはぎれで長財布と手帳カバーを作りました。

naga.jpg

長財布のほうは深緑なのですが…色がうまく出ていません。

サイズなどは手作りバッグのお仲間のを参考にさせていただきました。

中にちゃんと小銭を入れる仕切りもあります。

ちょっと厚めのシュリンク加工された皮革です。

手帳自体は買った商品のおまけにいただいたもの。

でも皮革のカバーを付ければ、そうは見えまい(W)

ジャノメの職業用ミシンにマジック掛けプラスでこのくらいのものだったら

ストレスなくきれいに縫えるな〜とほっとしています。

長財布の口は正に皮革に長四角の切れ目を入れファスナー口にしています。

nagatate.jpg

シール式の裏地と合わせて二つ折りして回りをミシン縫いで簡単仕立てです。

帆布と皮革のボストンバッグ

  • 2017.01.15 Sunday
  • 20:08

去年から作っていた帆布のボストンバッグやっと作りました。

bosu1.jpg

「家庭用ミシンで作る帆布のバッグ」に載っているボストンバッグです。

本では10号帆布使用、それを8号帆布でつくりました。

別布部分は本では11号帆布ですが皮革で作りました。

裏もつけました。

10号帆布なのでかなり厚くなりファスナーと本体をつける部分は

改造しました。

bosu2.jpg

金槌で付けるスナップボタン、もういつどこで買ったのかわからないくらい古いパーツ。

やっと役に立ちました。

これの旅行鞄を作るための帆布も買ってあるけれど、どうしようかな〜と思案中。

ところで現在わたしのパソコンは無く家族のを借りていましたが、それが使えなくなり

また別のお古のパソコンを使っています。iPfoneで写真を撮りパソコンのフォトショップで

加工するのですが、お古のパソコンに入っているフォトショップは以前使っていたのより

新しいバージョンなので、わけがわからず、切り抜きしたはずなのにされていない…

HOW TO本を買ったのに暮れの掃除の時に行方不明。

洋服のパターンを作るソフト「パタピッ」も随分前からパソコンが読込まなくなり

お金を出してバージョンアップしようかどうしようかと思案中です。

いろいろどうしようが重なる新年初頭です。

雨の日のショルダーバッグ

  • 2016.09.13 Tuesday
  • 14:49

以前、雨の日用のバッグを作ったのですが、リベンジでまた作りました。

手持ちの材料もなんとか減らしたい、今回はキャスキッドソンの

オイルクロスで。

サイズ型紙は帆布のバッグの作り方に載っていたのをそのまま。

でもショルダーの肩掛けを引っ掛ける金具を使いました。

ame.jpg

本では素材はデニム、下の切り替え部分も同じデニムでしたが

皮革を使いました。皮革の裏はシールタイプの芯を使いました。

ame2.jpg

自分でバッグを作る場合家庭用ミシンや職業用ミシンが普通は

多いと思います。持ち手(肩掛けベルト)とバッグを

つなぐということが結構難しいです。

こういった市販の金具を使うとかなり

作業が簡単になります。(角田商店で購入)

肩掛けベルトは以前自作したものを利用しています。

ame3.jpg

ファスナーの向きを反対にしてしまいました。

右利きだと使いにくいので、本来はバッグの後ろに付けるはずの

ファスナーを前に持ってきました。

今回も失敗、もともと地図とか方角に弱いのですが、こういったものを

作る時の左右とか向きにも弱い…です…。

バッグの口はマグネットホック止め。裏地はC&Sさんのヴィンテージ風

リネンを使いました。内布にも同じようにファスナーを付けました。

底の切り替え部分の皮革の裏にシールタイプの0.6mmの芯を

貼りましたがかなりの厚みになり縫製が大変でした。

これも勉強で、もっと薄い芯が良いようです。

ジャノメの職業用ミシンとマジックカケを使いました。

帆布のトートバッグ

  • 2016.09.02 Friday
  • 18:33

本屋さんで「家庭用ミシンで作る帆布のバッグ」という本を2ヶ月くらい前に

買いました。

その後も帆布で縫うバッグの本がいくつか出ており今、帆布バッグは

流行っているのでしょうか。

C&Sさんで買った帆布は持っていましたが、8号帆布がほしくて、ネット検索して

家庭用ミシンで縫える8号帆布を買いました。

届いてこれでしっかりしたバッグが出来るのかな〜と思いました。

風合いも想像していたのとちょっと違う、色も。

 

本には基本のトートバッグの作り方が詳しく載っていましたが

もう一つ大きいバッグを作りました。

黄緑色の布が8号帆布。グレーっぽい深緑の布は

以前C&Sさんで買った11号くらいの帆布。

ポケットにはひさしぶり〜のミシン刺繍。ハスクバーナの

刺繍ミシン無事動きました。

裏無しなので、端の始末は手持ちの布で包みました。

本では綾織りテープで包んで始末しています。

出来上がってみると、思ったよりしっかりしています。

布の風合いも悪くないです。

肩に掛けれる長さの持ち手なので、楽そう。

バッグの縫製はミシンは家庭用ではなく、

ジャノメの職業用ミシンを使いました。

無理なく縫えていますが裏側端の始末の布を

包む部分ではかなりの厚みになります。

本に載っている、ボストンバッグやトラベルバッグも作る

予定で8号帆布を買っているのですが、

本を見るとめんどくさそう。

でも作らないとまた布がたまってしまう…

 

b.jpg

大きなバッグ

  • 2015.10.30 Friday
  • 16:36
 家族に「大きなバッグを作って」と頼まれて作りました。
表の布は以前新宿オカダヤさんで買ったポリエステルの防水生地。
ちょっとグレーの入ったような焦げ茶です。
アイロンが使えない、両面テープが効かない、スライサーなどのシール式の芯を
貼るとミシンがかけにくい、重たくなる、なので芯なし。
何か入れないとクタクタでどんな形なのかわかりにくいですね。
big.bag1.jpg
バッグの口は皮革を縫いつけてファスナーは50cm。
big.bag3.jpg
肩ひももオカダヤさんで買った物にDカンとナスカンを付けました。手作りする時、
big.bag2.jpg同じサイズで同じ素材の部品を揃えるのが大変です。
今回肩ひもは5cmの無地のを買ったのですが、5cm幅のナスカンがなく、別の4cmの肩ひも(画像の物)と4cmのDカン、ナスカンに変更しました。
たまたまひもの紫部分と同じような色の皮革が家にあったのでファスナーの口に皮革を使いました。

いつもJUKIのシュプール(職業用)で縫っているのですが、下糸を巻いたあと突如動かなくなりジャノメの職業用で縫いました。シュプールはスピードがあって好きなのですが、ジャノメの方が厚物は安定して縫えるかもしれません。シュプールはその後、また縫えるようになりました。
今回のバッグは大物なので大変でした。材料費など考えると買った方が…。でもまぁ考えてみると自分で作れるということがうれしくて手作りしているのだと思います。

雨の日バッグ

  • 2015.10.18 Sunday
  • 20:13
 今年は雨が例年より続くことがあり、雨の日に買い物に行く時のバッグが必要だと
思いました。
RickRackさんの狛江店で買ったラミネートの生地があったので、作ってみました。
手持ちのバッグ用芯、ワッペンスライサーも残りが少ないので部分的に使いました。
バッグの折り返しの部分は芯なしでやってみました。

本格的な?バッグは久しぶりで、ワッペンスライサーはシール式なので、
アイロンをかけられない皮革やビニール素材には便利ですが、粘着力がある分
縫製の時にミシン糸(30番)が引っ掛かり糸が切れたり、均一に糸が縫えなかったり
かなり最初苦労しました。一々ミシン油を針に塗ったりすれば、軽減はされますが
これは「バッグ作り」のお教室で習った通りにするよりも自分で工夫する必要が
あると思いました。

rr1.jpg
斜め掛けバッグです。お買いものの時に便利。
rr2.jpg
実は前も後ろも同じにファスナーが付いています。
rr3.jpg
バッグのファスナー付けはお洋服のファスナー付けより簡単です。
とにかくシンプルに簡単に出来る事を考えて作りました。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM