小さなショルダーバッグ

  • 2017.07.10 Monday
  • 18:29

手持ちの皮革でお財布とスマホが入るくらいのコンパクトな

ショルダーバッグを作りました。

ダークチョコみたいな色の皮革です。

choko.bag.gif

ショルダーベルトは前回作った毎日使いのショルダーバッグと

兼用です。ファスナーや金具も手持ちの物なのですが、

choko.bag2.gif

(画像はサイドから見たところ。)

バッグの口のファスナーの留めに使っている皮革に

イニシャルのカシメを。

このカシメ、ごく最近浅草橋のMKプラスさんで買いました。

他にもネコやライオンのカシメも買いました。

 

エブリディバッグ

  • 2017.07.01 Saturday
  • 13:07

自分用、毎日使いのショルダーバッグを作りました。

普段、自転車に乗って買い物に行く時のバッグです。

eve1.jpg

皮革は角田商店さんで3000円、かなり大きめでした。

太いファスナー、オカダヤさん。20cmのを前面に。

バッグ口のは40cm、お店で短くしてもらおうとしましたが

短く出来ないそうなのでそのまま、だらっと長くしたまま。

eve2.jpgこちらは背面、切り込みポケット付き。

有料の駐輪場のチケットを入れたり。

ショルダーベルトも手作りしてます。

大きな皮革なので、共のショルダーベルトも

裁断はしてますが…普段使いを考えると

これでも良いか…。

 

表の皮革はそのままですが、残りの皮革を

今回初めて、皮漉きに出しました。

浅草橋の「アンドレザー」全面漉きでどんな

大きさでも500円。バッグ手作り仲間から

情報を仕入れました。

皮革の縫いは布などと違い、ワッペンスライサー

を裏に貼ったり、柔らかくはないので、縫う場所

によっては上手に縫えなかったりします。

 

 

eve.3.jpgバッグの口、ここのぐるっと周り

を縫うのが一番の難所、

しかも目立つ場所です。

ここまで集中力が続かず、

位置合わせいい加減

でした(汗)。

なんでもそうですが、3つ目

くらい作るとそれなりに良いのが

作れます。

洋服用の布より段差は

きついですから、縫い目が飛んだりしました、2箇所。

いつもそうですが、次はうまく!と思うと

同時にめげて既製品買ったらとも思います。

でもこの内側自分仕様に普段の持ち物がうまく

入る仕組みになっていたりします。大きさも折りたたみ傘も入る丁度良い大きさなんです。
 

二つのトートバッグ

  • 2017.05.06 Saturday
  • 16:33

去年からトートバッグを作ろうと思っていた帆布で、バッグやっと完成しました。

前面ポケットにミシン刺繍、銀河工房の8号帆布。

写真の色がうまく出てなくて(特に下のバッグ)

がっかりです。

 

裏付きにしました。


 

Freeの刺繍データをダウンロード

  • 2017.04.24 Monday
  • 15:31

ミシンが修理から帰って来たので、ネットで無料で手に入れた刺繍データを

刺繍してみました。

 

刺繍の途中↓

 

ミシンの画面ではこんなふう。ハスクバーナデザイナー1なので

ちょっと見にくいです。SEとかルビーとかダイアモンドという

機種だともっときれいで見やすいです。

これは150mm×150mmの刺繍枠を使う刺繍なのですが

その刺繍枠は持っていません。

手持ちの240mm×150mmの刺繍枠で出来るはずと

思ったらミシンが「刺繍枠の大きさが違います」と表示が。

えっ?その刺繍枠買わないといけないの??

新宿オカダヤのバーゲンに行ったついでにミシン売り場の

お兄さんに聞いてみたら在庫はないということ。

結果買わなくて良かったのです、画面の刺繍枠のマークを

押すと大きい刺繍枠に切り替えられるのでした。

すっかり忘れていました、良かった〜刺繍枠たしか、7000円とか

それ以上です。

刺繍完成です。大好きなミシンの刺繍、しかも無料のフリーデータ。

デニムに刺繍しました、何を作ろうか…。

オカダヤさんに行くとミシンを眺めます。

店員さんが寄って来ないように長いはしませんが。

今回は工業用のミシンがデーン!とありました。実はほしいです。

それがあれば、帆布のバッグとか厚地のデニムとか縫えるでしょう。

スピードも、もっと出て気持ちがいいでしょう。

お値段を見たら、なんとミシンの設置料だけで5万円!!!

工業用ミシンってそういうものなのか、ヤフオクで中古のを見ると

3万とかでもありますが、家に運び入れるだけでも大変と想像は

していましたが。やはり職業用ミシンが気楽ですね。

で、どうせ置き場所もないのです。

ミシンが修理から戻ってきたので早速、刺繍しました

  • 2017.04.17 Monday
  • 23:22

 去年トートバッグを作るために帆布を裁断してあったのですが

ポケットにミシン刺繍をしたいと思ってやってみたら、刺繍データの

入ったUSBスティックをミシンが読み込まなくて

今年に入って修理に出し、やっと戻って来ました。

 

 刺繍したいデザインは決まっていたのでミシンにUSBスティックを

差し込んでみましたが〜「受け付けられません」だの「USBスティックが

入っていません」の文字が出てUSBスティックを出し入れして

4度目くらいにやっと出来ました。(電源をおとして、コンセントも抜いて

ということもしました。)

 

 水色のトートバッグと紺色のトートバッグを作るのでポケットに

2種類の刺繍を入れました。

 画像の色がうまく出ません。刺繍データは外国のサイトから買ったものです。

ハスクバーナのミシン刺繍はやっぱりきれいです。

修理といっても普通のメンテ(油を注したり中の清掃をしたり糸切りを

新しく交換したりだそうです。)のみで基盤の交換などは

ありませんでした。ミシンの音は最初の頃の音に戻りました。

なぜUSBスティックを読み込まない時があるのかはわからないそう。

外観とてもきれいだけれど、ミシンとしてはお年寄りなのでしょう、

デザイナーUSB1だもの。心の中でミシンをおだてたら、ちゃんと

作動して刺繍データを読み込んでくれました。

大事にして出来るだけ長く刺繍してもらおうと思います。

 

 

 

 

家で着る服

  • 2017.04.05 Wednesday
  • 10:16

 毎年冬場、家ではフリース素材の服を○ニクロで買って来ています。

でも今期は裏ボアだったり家中で着るには適しているものが

ありませんでした。

朝は未だ寒いし、やはりフリースのものがほしいので

手芸店でフリースの布を買って作りました。

 丁度「ミセスのスタイルブック」に載っていたデザインが

前開きではありませんが、試しに作りたいデザインだったので

ミセスのスタイルブックの製図ページを参考に「パタピッ」で

パターンを作り縫いました。

裾、袖口はカバーステッチ、衿ぐりもカバーステッチなのですが

Vのところが縫うのが難しくミシン縫いしたところもあります。

ほつれない素材なのでロックミシンでかがりませんでした。

縫い合わせはミシンで普通に大丈夫でした。

丈は後ろを長くしました。

刺しゅうPRO NEXTで

  • 2017.04.02 Sunday
  • 00:46

 ハスクバーナのミシンを3週間前に修理に出しました。

ミシン屋さんが来た時はUSBスティックがすぐに読み込めました。

わたしが何度もやってだめだったのに。

でもまた読み込めなくなるかもしれないし、買った時よりも

音が高いので、油切れではと思い、修理に出しました。

 で、手持ち無沙汰なので、また刺しゅうPRO NEXTを

やってみました。

簡単な絵を手書きで、それをスキャナに読み込んで

フォトショップで開いて、絵のところだけ切り取って

保存。刺しゅうPROのレイアウトセンターで開けない〜

いろいろな拡張子で試してみても開けない〜

ネット検索したら開くのはデザインセンターでした。(汗;)

数年に一度って感じでやっているので、なかなか覚えません。

苦労しながらやっと出来たのがこれ↓

高さ3.4cmほどのワンポイント刺繍。ブラザーのSN100

(現在は販売していません)で刺繍しました。

一番最初に買った刺しゅうPRO Ver5にはマニュアル本が

付いているのでそれを見ながら暇を見つけてじっくり

お勉強してみようと思います。

 

ドロップショルダーショートスリーブ

  • 2017.04.01 Saturday
  • 09:06

 半袖のシャツブラウスを作ってみました。

画像だと奴さんみたい…

 

前回作った長袖と同じ布です。

白い布なので見返しとか表に透けて見えるので

今回は工夫しました。

でも長袖のほうが良く見えるのは??

どうしてでしょう。

ポケット位置を1cm上げました。ポケット位置は

これで正解でした。

職業用ミシンのボタンホール

  • 2017.03.31 Friday
  • 15:14

 ネットで、洋裁関係のブログなどを見ると職業用ミシンの

ボタン穴かがり機はきれいに出来ないので家庭用ミシンで

ボタンホールを作っているという情報がよく出てきます。

 

 わたしも職業用ミシンを買い換えたときに送り歯が下がるタイプ

だったのでそれまでボタンホールを作るときに必ず付けていた

付属のプレートを付けないでボタンホールを作りました。

そうするとリバティタナローンなどの薄い布はきれいに

ボタンホールが縫えませんでした。

厚地はOKなのですが。

 

 それで、家庭用ミシンでボタンホールを縫っていました。

リバティの場合は裏にミシン刺繍用の後で取れる芯を

使わないときれいに出来ませんでした。

家庭用ミシンではどの布でもきれいにボタンホールが

出来るというわけではありませんでした、ブロードは

きれいに出来ましたが、ツィードの厚地は布を送らなかったり…

 

 お払い箱同然になった職業用ボタン穴かがり機をある時

以前やっていたように針板の上に付属のプレートを

付けてやったらちゃんとボタンホールが縫えました。

送り歯が下がる(今の職業ミシンはたぶん皆このタイプ)

職業用ミシンでもプレートは付けたほうが良さそうです。

 

 

 

衿なしブラウス

  • 2017.03.24 Friday
  • 10:19

 型紙ソフト、「パタピッ」がパソコンに読み込めなくて

バージョンアップか?と迷っていましたが、三月に入ったら

急にまた使えるようになりました。

で、使えるうちに元になるワイドパンツやジャケット、コート

などのパターンを作って保存しました。

ドロップショルダーの衿なしブラウスも作り、シーティングで

お試しに作り、試着し手持ちの布で縫製して完成したのが、

↓こちら。

文化の人台は背丈がが短くバストアップしているので

ポケットが下に見えます、あしからず。

巷ではゆとりのあるちょっと張りのある素材の

シャツブラウスが出回っています、袖も盛り袖で。

でも自分に合うように衿ぐりも開き過ぎず、

ゆとりもほどほど(ゆとり16cm)、

アイロンをかける時にかけやすい前あきにしました。

メンテナンスするのも自分なので。

夏用に袖の短いものも作ってみたいですし

これを袖なしにするとフレンチ袖のブラウスに

なります。いろいろ作ってみたいパターンです。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM